マレーシアに移住する物件を探す

私達夫婦は、マレーシアに来てからも、2回もクアラルンプール内を引っ越しています。すべて現地人とのやり取りで問題なく引っ越し完了しています。引っ越し経験値は高いです(笑)

まずは、日本からマレーシアに移住時に物件を探す方法と現地日本人にボラレない方法を早速紹介します。

引っ越し先を探す方法

日本から移住するときには、どの物件にするのか、迷いますよね。やはり、事前に物件を見たいです。まずは情報所得です。

ググって、さまざまな現地で日本語対応の不動産エージェントに問い合わせました。いろいろやり取りした中で、残念ながら対応も悪かったですし、コストを聞いてみると、なんと「物件見て回るのに1時間あたりRM100」とか平気で行ってくる日本の会社でした。

日本では「内覧で金を取る」なんて、ありえない対応ですし、当然マレーシアでもありえません。現地情報に疎い日本人をカモにする悪徳商法ではないかと思ってしまいます。

マレーシアNO1賃貸物件サイト

そこで、ipropertyというサイトをCHECKしてみました。

いろいろと検索できますが、最初の日本からの引っ越し時には、「物件募集中」のメールを掲示したところ、数人の現地エージェントからメールが来ました。

現地のエージェントとやり取りをして、現在わかったことは日本で言う不動産手数料は無い。ということです。ただし「日本人が経営しているところは、手数料を取る」ということもわかりました。以下にまとめてみます。

日本人経営は必要のない手数料を取る

日本人経営の不動産紹介は現地では不必要な手数料が発生
1.内覧手数料を取る1物件あたり100RMとか1時間100RM
2.賃貸手数料を借主から1か月相当取る。

現地では、内覧で手数料なんてありえませんし、現地エージェントが我々に手数料請求することはないです(確認したらオーナーから貰うとのこと)

日本法人のWebなどに英語に自信の無い方や英文契約書に不慣れな方には安心料です、などど書いてあり、仕方ないコストと思わせるマインドコントロール的な手法は良くないです。私は、契約書について同様に、現地エージェントにも聞いたところ、英語対応ですが、同じこと以上に交渉してくれるとの回答でした。

私には、日本人が英語の苦手な日本人を相手に足元見てボッタりしてる、としか感じませんでした。私自身は英語の契約書ややりとりが問題ないので現地エージェントのみお願いすることにします。

Ipropertyのエージェント選定

さて、もとに戻しまして、賃貸物件を探すときの経緯で現地エージェントの選定はどうしたのか?について少し詳細を記しておきます。
iproperty.comに登録してproperty wantedを作成すると登録したメアドに以下確認メールが届きます。


Dear Toshi
Your “Property Wanted” request has been successfully submitted!

Your Desired Property: 
Looking for Property: For Rent 
District (1st Choice): Kuala Lumpur
Location (1st Choice): Ampang Hilir
District (2nd Choice): Kuala Lumpur
Location (2nd Choice): KLCC
District (3rd Choice): Kuala Lumpur
Location (3rd Choice): Bukit Bintang
Property Type: Condominium
Budget: RM 2000 to RM 4000
Remarks: (フリーコメント)
I’m looking for rent room.I hope some agency introduce us several condominium during my KL stay.
I will be at KL during Jan xx – xx
Please contact me by email anytime.
Best, Toshi


青字は記入、それ以外はドロップダウンメニューから選ぶだけでした。その翌日あたりから、現地エージェントからの売り込みがたくさん来ます。

そのまま掲示板に出し続けていると毎日コンタクトが来てしまいますので、10人前後でIproperty webから削除しました。

さて、その10人の選定方法でしたが、事前にすべてのエージェントに同じ質問をしてほぼ同じ回答のところで数人に絞り込みました。その質問とは、

  1. 内覧にコストはかかるのか?
  2. 初期費用の詳細は?
  3. 手配手数料(礼金)は必要か?
  4. エージェントの紹介ページがあるか?

回答のほとんどは以下の通りでした。

  1. 同エリア数件閲覧はすべて無料です
  2. 総額3.5月+印紙代
  3. 借主からは上記以外なし(手数料と礼金なし!)
  4. 写真も名刺も画像fileで受け取る

そして写真やコメント付きで紹介された物件をwebで確認しワイフと事前に数件に絞り込みました。

ただ、絞り込んだ数件がそれぞれ違うエージェントでしたので、第一候補の物件の担当者に「それぞれの物件担当と個別に交渉しないとダメですか?それとも代表してやり取り可能ですか?」と確認したところ、

「全部手配しますよ」と一番対応のよさそうな現地エージェントの選定しました。そしてマレーシア訪問までの間に以下のやりとりを行いました。

  • 内覧エリアと物件の絞り込みでの英文やり取り
  • やりとりアプリはwhatappアプリが必要
  • ホテルのロビーにて待ち合わせて

現地エージェントで賃貸仮契約

いよいよ現地マレーシアに訪問し、事前に決めていたホテルロビーにて待っていたところ、エージェントは若い中華系の男の子2人がホンダのアコードで迎えに来てくれて私もワイフもとても好印象でした。

金額については 総額3.5か月+印紙代のみで総額の詳細については、事前確認時のメールからも以下の通りでした。

The terms of payment for rental for 1 year lease :
*2 months deposits of rental
*1 month advance rental
* half month utility deposit of rental
( sometimes owner will ask for 1 month deposit , it depend)
*stamping & documentation fees depends on rental rate too.)

一通り内覧し、ワイフの気に入った物件にて、彼らがいろいろと事前確認どおりに手配してくれて無事にコンドミニアムの仮契約を終了しました。仮契約では、Advance rental fee分の1か月分のみの支払いでOKとのことでしたので、今回は、銀行送金で行いました。残りの総額2.5か月+印紙代については、実際の移住時の本契約時支払えばOKとの確認も行いました。

また、余談ですが物件内覧から仮契約まで1日で終了したのでその後、何日かは、市内観光して帰国最終日なった時です。2人がホテルに来てくれて、ちょうど春節の始まり前でしたので春節のお祝いのみかんをいただきました。

本当に若くて良い子たちでした。移住時に彼らと再び会えるのを楽しみにしています。KLではcheck支払いがまだまだたくさんあるようでしたので、小切手帳を作りにHSBCPremierにて注文をしました。日本に戻っているうちに届くように手配をお願いし帰国しました。これについては2週間以内に無事日本の手元に届きました。

現地エージェントと本契約

さていよいよ移住でマレーシアへ片道切符で到着です。物件のロビーで鍵受け取りと本契約を行います。そして我々が仮契約時に希望したのは、以下のとおりです。

  • いらない家具の撤去
  • 事前の室内クリーニング
  • 部屋の模様替え
  • 寝室の絵の交換と撤去
  • 賃貸時期の交渉

これらすべて今回の本契約にて確認できました。

そしてエージェントのレコメンドに従い、契約年数は1年+1年のオプションにしまして残金支払いも現金は危険なのでCheck(小切手)で支払いました。

上に記載した1年+1年のオプションですが、エージェントにどんなメリットがあるの?と聞いたらオプションをつけることによって、1年更新時の家賃金額の上限を10%UP以内に定められるとのことでした。

Offer letter記入方法と契約年数についての疑問や、支払い方法などについても信頼できるエージェント2人でした。

これで、日本からマレーシアへの移住は完了です。

後日談としては、マレーシア内での引越しを2回行いましたので、こちらも後日に記載したいと思います。

番外編 マレーシア国内での引越し

レーシアに住み始めてしばらくすると、土地勘ができてきます。そしてさらに住みたい街も出てきました。すでに物件探しは、上記のとおり経験済みですので、ある程度、物件を絞ってから、ピンポイントでエージェントとやり取りできるようになりました。

仮契約から本契約もすでに経験済みですので、上記に記載したのかわりませんが、以前は、海外引越だったのが、今回は、国内引越になるので、業者の選定をしないといけなくなります。

1回目KLCCからBangsar South間の引越しは、エージェントの知り合いにお願いしました。総額で、RM600と現地価格と変わらずに対応してくれたとのことでした。

2回目Bangsar SouthからTTDI間については、EZMOVERへwebから申し込みました。

EZMOVERは、ほぼ同じ金額でした。詳細は、家具5個(男性2人で持てる重さ以内)
段ボール20個、その他、旅行バックや物干しなど。で、パッケージ価格が、420RM
そして、段ボールが、8RMx20=160RM、梱包用テープ2xRM5=10RM
総合計が、なんと、590RMだったのでした。

マレーシアの国内引越しは、とても安いので、契約終了ごとに引越ししても日本のように引越し貧乏には、なりませんね。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!