MM2Hビザ延長申請の仕方

MM2Hビザ延長申請は2種類

MM2H ビザ延長申請には、2種類あります。日本語にするとわかりずらいので、英文を記載しますと、こうなります。

  • Renewal(リニューアル)MM2H承認レター期間終了後、再延長申請
  • Extension(延長)パスポート更新に伴い、残りのMM2Hビザ申請

10年間ビザの権利は、得られますが、パスポートの残存期間に影響され、日本のパスポートは10年間がマックスですので、残存期間が短ければ、その分しか初回はMM2Hビザは、交付されません。

その残りの残存期間の申請が、上記のExtension(延長)にあたります。

日本語ですと、この10年ビザの再申請も延長と言えてしまうので、混乱してしまいますね。この10年がすぎた場合は、Renewal(リニューアル)になります。

最初の申請時に、私達夫婦はパスポートの残存期間6年間しかMM2Hビザを発給してもらえませんでした。そして、夫婦のパスポート残存も異なっていました。

何回も申請に行く手間を省くために、マレーシア在日本大使館にてワイフの残存は2年残っていましたが、私の申請に合わせて、夫婦同時申請しパスポートの更新時期を同じにすることしました。

海外在住者のパスポートの更新

マレーシアでのパスポート更新は、日本国内でやるよりも簡単でした。海外在住者のみに提供している申請書ダウンロードサービスをつかいPCで作成できました。証明写真もスマホで撮ってアプリで証明写真にして持参します。

大使館入口で記載して入館バッチをもらい、セキュリティでスマホ預けてから、中庭を抜けて、別の建物へ行きます。
 
そこでパスポート更新窓口へいき、持参した書類を提出、1-2分でその場で、パスポートを預けて引換券貰って終了でした。
 
パスポートは預けて手元にないので、この引換券は、パスポートの代わりになるので重要です。無くさないように気をつけましょう。
 
この引換券には、日時が書いてありました。後日、引換券に記載されている日時に受け取りに来て終了しました。

これで、夫婦揃って残存期間の延長申請を行えます。今回のMM2Hビザ申請はExtension に当たります。

MM2Hビザ延長申請手続き

提出した書類は、以下の通り *2018年4月の情報

1.Cover Letter(サンプル下にあり)
2.仮承認レターのコピー
3.IMM12人数分 MM2HサイトからDL
4.IMM55人数分 (同上)
5.旧パスポートのコピー(写真の部分だけでOK)
6.旧MM2HのMM2HVISAコピー
7.新パスポートのコピー(同上)
8.申請用写真(スマホ写真で作成35×50㎜をプリント)

新旧パスポート持参とMM2Hビザ代金分の現金(RM90x5年分x2人=RM900)

上記全部で、1時間ほどで用意完了しました。IMM12&IMM55は指示通りに記入するだけですから、10分もかかりません。面倒なのはCover Letterくらいでしょう。

実際の提出に使用したCoverLetterを下につけておきます、自由に使用してくださって結構です(できれば、御礼メールは欲しいなぁ)

サンプルカバーレター


TO : Malaysia Malaysia My Second Home (MM2H) Centre
Ministry of Tourism
Level 10, No. 2, Tower 1, Jalan P5/6
Precinct 5, Federal Government Administrative Centre
62200 PUTRAJAYA
MALAYSIA

Dear  Sir / Madam

RE : Application for Social Visit Pass Extension
( for a Social Visit Pass under the Malaysia My Second Home Scheme)
My name is (名前), and I would like to extend Social Visit Pass under the Malaysia My Second Home programme due to renewal passport.

The attachment is
1)     This cover letter
2)     Copy of Approval Letter
3)     Form IM.12 ( myself and wife)
4)     Form IMM 55 (myself and wife)
5)     Copy of Old and New Passport for myself and wife

Thank you for taking time to review my application.

Thank you very much for your consideration and looking forward to hearing from you soon.

Sincerely yours,
署名
タイプ自分の名前、住所、Email,TEL


プトラジャヤのMM2Hセンター

上のサンプルに記載されている住所をググって最新のプトラジャヤのMM2Hセンター情報を得てから、その番号へTELして、本日受付可能ですか?と問い合わせてから、GRABにてKLにから、プトラジャヤまで約1時間弱で到着します。
 
 
10Fと住所にはなっていますが、念のためにビルの受付に何階ですか?と、確認してからエレベーターでMM2Hセンター10Fへ。
そこで、上の写真にあるように受付番号とって待つこと数分で呼ばれました。
 
窓口に持参書類を提出します。MM2Hビザ申請の持参書類は完璧だったので、問題なく受領されました。その後は待つこと1時間弱。再び呼ばれてから、窓口にて、MM2Hビザ代金を現金で支払いを済ませ、更にそのまま窓口で待つこと数分で、MM2Hビザの付与された新パスポートを受け取り、更新終了でした。
 
MM2Hビザの延長申請はとても簡単ですので、日本人エージェントに高いお金を使う必要もなく、さらに自分で行うことで、人生におけるサバイバル経験値も上がります。
 
サバイバル経験値があがりますと、海外生活の不安からくる現地の先人日本人村社会への依存はなくなります。私はまったく現地の先人日本人社会とは、交わらないことにしています。
 
なぜなら、本来、マレーシアはダイバーシティ(多様性)社会なのに、なぜか、日本人が集うと、必ずくだらない日本的村社会の掟や、あるべき論の価値観の押し売りをする輩がいるからです。そういう輩は、大嫌いなので(笑)
 
今はSNS全盛の時代です。どこにいても地球は狭いです、現地日本人とつるむよりも、価値観を共有できる自分の友人達とSNSで瞬時につながっていたほうがよほど楽しいですね。
 
この記事が、トライしよう、という、きっかけになれば幸いです。
(2018年4月の出来事を備忘録として)
応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!