ブキビンタンは充実してます

私達夫婦が、一番最初にマレーシアのクアラルンプールに訪れたのは、2008年でした。ランカウイ島から戻るときにトランジットついでに、3日間だけクアラルンプールにも滞在したのです。ブキビンタン(Bukit Bintang)近くのホテルでした。ブキビンタンには、それから毎年訪れるようになり、たくさんの思い出があります。

2008年当時は、東京モノの私達が住めるような空間には感じませんでした。ただ観光に行くにはとても魅力的な場所に感じていましたので、リピートすることになりました。

その後は、毎年のように訪れ、衰退していく日本と対比するように、マレーシアの急速な経済発展を目の辺りにし、このブキビンタン(Bukit Bintang)もMRT線の地下鉄工事も2017年に終了しました。

今までモノレール線でしかアクセスできなかったブキビンタンも自動運転で日本より進んでいるMRT線開通によって、ものすごく便利になりました。

この経済発展を目の当たりにしたことが大きく影響し、2012年にMM2Hリタイアメントビザを個人申請にて取得し、ついにマレーシア移住を決意させた場所でした。

ブキビンタンには、様々なモールやプラザがあります。代表的なところだけでも書ききれませんので、ランチでのリピート回数が多いところいくつかをシェアしたいとおもいます。それぞれ別のエントリーで詳細を上げていきます。

パビリオン

ここの地下のフードコートエリアには、たくさんのお店が入っています。

LOT10と伊勢丹

ブキビンタン交差点に面しています。モノレール駅直結で、MRT線ブキビンタン駅からすぐの立地にもかかわらず、空いています。来年までもつかなーといつも思っているところです。

Sungei wang Plaza

スンガイワンプラザは、古いビルですが、LOT10と伊勢丹の対面にあります。地下のGIANTスーパーは、2019年にリニューアルして綺麗になりました。また、上の階に自動販売機コーナーが併設されたフードコートエリアできました。そのかわりにPARKSONは、撤退しています。

Berjaya Times Square

モノレール駅imbiに直結していますが、スンガイワンプラザの裏手なので、ブキビンタンから徒歩でいけます。ショッピングセンターややインドアテーマパークがあります。両タワービルはともに高さ203mです。別にまとめています。

その他総括と番外編

なぜか日本ではアロー通りばかり放送されるので、放送を見た日本人は、マレーシアが小汚い発展途上国だと勘違いしています。日本のTV局の恣意的な放送のせいではないでしょうか。

私は潔癖症ではないのですが、夜間は見えないですが、日中のアロー通りは、臭いしとても汚い通りです。観光客相手の価格帯と小汚いところなので、地元民も敬遠しています。日本のガイドブック情報はとても古く、マレーシアの発展速度にまったくついていっていません。地元民すら敬遠するアロー通りはお勧めはしません。

ナーブ(NAAB)

ブキビンタンで、その他おすすめは、アラビック料理店があり、日本では食べることのできないものが食べられます。ナーブは、イラン人の友人に聞いて本格的なイラン料理を食べられるお店です。

Bukit Bintang交差点にあるLOT10の対面の位置にある「Naab」Iranian fine cuisineが美味しいと情報でした。
 
ナスディツプ、トマトガーリックディップ、ナン4枚、ドリンクをオーダー総額RM50.25とリーズナブルでした。

グランド・ハーバー(大港口)

地元民から教えてもらった広東風中華がとても美味しいです。場所は、Bukit BintanのHahrenheit88の裏手にありますが、中から裏へ抜けられます。奥の方に地元に人気の中華大港(Grand Harbour)の看板が見えます。

酢豚も美味しいです。友人親子も絶賛でした。

まだまだ、ご紹介したいお店もたくさんありますが、自分の舌にあったものを探し出す楽しみもありますので、ぜひいろいろと試してみてください。マレーシアは、本当に食の宝庫です(ただし和食を除いて笑)

なんども書きますけど、日本のTVで良く放送されている「アロー通り」はこのブキビンタン中心街から近いですが、地元民は行かない、不衛生で観光客相手に高い料金をふっかけるところです。

なぜ、そこばかりを日本で放送するのか、不思議で理解できません。おそらく日本人駐在員からの情報が主だからでしょうか、日本人村社会の情報だけだと、そうなってしまいますね。私は、日本在住者の情報ではなく、地元民から聞いた情報から実際に経験して、載せています。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!