「LIFT SHIFT」100年時代の人生戦略

現在のマレーシアへ移住したことは、昨年に読んだ本「LIFT SHIFT」100年時代の人生戦略を実践しています。

働いていた時に私自身がいつも思っていた次のこと

  • 終身雇用制なんて幻想
  • 年金制度は国家的なねずみ講
  • 長生きがリスク。自力で生きるすべを持つ

この本の内容と照らし合わせてみれば、1番と2番は、周知の事実なので言うまでも無く、3番の長寿リスクを確信させてくれただけでした。

長寿がリスクの時代

あらためて読むと、日本型、終身雇用システムのサラリーマン(別名村人たち)には、とても良い本だと思います。また「自分は今現在もとても健康で、家系も長寿が多いから、100歳まで生きるかも知れない」と考えている方には、特におすすめします。

私自身は、外資系企業管理職だったので、結果が出せなければ、いつ首になるかわからない職業を選択していました。理由は、短期間に平均的なサラリーマンの何倍も稼いで(何倍も税金を支払わされましたが)その原資を元に、さらに自己投資を行い、いくつになっても稼げる体質を維持することを目標にしてきました。

そして現在、南国マレーシアにて、それを実践しています。

具体的には、

      • 健康維持のため運動を定期的に行う
      • 「稼ぐ力」を向上させる
    • 生活の質を維持しコストを下げる

詳細を次項に記していきます。

健康維持のため、運動を定期的に行う

マレーシアに移住することにより、日本村社会のくだらない村の掟の呪縛から解き放たれて人間関係のストレスが、全く感じなくなりました。そしてストレスフリーになりました。その結果、酒量もコントロールできるようになり、あまりアルコールを欲しない身体になってきました。

マレーシアのコンドミニアムには、プールもあり、そして冷房完備の室内ジムも併設していますので、毎日の水泳トレーニングで50歳代後半でも締まったボディをキープすることができます。。(最近、サボり気味です。。)

「稼ぐ力」を向上させる

次に、稼ぐ力については、投資については、マレーシア個別株に投資を始めたりとさらなる実践に伴い運用成績の向上も得ています。そしてノマドワークの件については、

「稼ぐ力」でも別エントリーで詳しく書いています。

生活レベルを下げず、コストを抑える

東京で生活していたときには、毎月の生活費は、とても高く、働き続けなければ破綻が目に見えていました。さらに定年を迎え65才年金受給時に支給されるであろう年金は、少子高齢化のために減額されてしまいます。

働くこともできずに収入が下がってしまうということは、日本国内においては、生活レベルを下げるしか方法がありません。

さらに誰でも100歳まで生きるリスクがありますので、今から残りの43年間をワイフと共に楽しく生き抜くためには、二人共に、頭と身体が柔軟なうちに、どこにでも移住できるバイタリティを身につけることが必要でした。

生活レベルを変えずにコストを下げられるマレーシアでの海外生活を実行したのです。

これについてもマレーシアの生活費がどのくらいなのか、記載していますので、参考にしてください。

誇張した金銭感覚をリセットするためにも私達夫婦は、マレーシアに移住してことが、とても有意義でした。

具体的に言いますと、今までは、東京と比較して高いか安いかの判断基準でしたが、マレーシアに住み始めてしばらくすると、マレーシアと比較して高いか安いか、に変わったことです。

今年に入り、どうしても一度日本に戻らなければいけないことになってしまいました。

マレーシアに移住した経験とリセットされた金銭感覚により、私達夫婦には住み慣れた東京ですが、とてもコストの高い東京エリアに戻る。という選択は無くなりました。

そして、どこでも住めるバイタリティも上がりましたので、今まで住んだことのない日本の地方都市へアイターンという選択が可能になりました。

今とてもワクワクしています。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!