【石焼ビビンバ専門店 アンニョン】ゆめタウン博多 フードコート内

台風一過、福岡はとてもすがすがしい天候です。マレーシアではありえない、やっと秋らしく、数年ぶりに肌寒い気候です。

週末ですが、三連休なので、ワイフとゆめタウン博多まで、バスで遠足にいってきました。食べ歩き探索は、ゆめタウン博多のフードコートにしました。薬院駅から20号線バスで馬出三丁目240円、30分弱で到着しました。

【石焼ビビンバ専門店 アンニョン】

場所 福岡市東区東浜1丁目1−1ゆめタウン博多2Fフードコート内

メニューはこんな感じ。左下のお得セットを注文します。

アンニョン特性石焼ビビンバとミニラーメンセットをワイフと二つ、とオーダーしたら、店員の兄ちゃんが、「ミニラーメンは当店で一番辛いけど大丈夫ですか?」辛党のワイフは、喜んでいたけど、私は思わず、「一つだけ冷麺に変えてください」といことで、ワイフはミニラーメンセット、私は、ミニ冷麺セット、それぞれ、卵トッピングしました。

電子札(ブルブル震える奴)を受け取り、空いている席にて、待つこと数分で呼ばれました。

アンニョン特性石焼ビビンパ

単品価格380円税別は、びっくりプライスですね。しかもボリュームもあって、ちゃんと作っています。

ミニ冷麺

税別300円のミニ冷麺も立派ですね。

ミニラーメン

税別300円。冷麺同様に、十分なボリューム感があります。

セットで、こんな感じなので、本当にボリューム感ありますね。

さて、早速、いただきまーす!

コチジャンをかけて、卵入れて、よく混ぜ混ぜして完成。早速、一口。うんうん。アツアツ状態ですね。十分な感じ。白米の品質がチープな感じですが、380円という価格を考慮したら、十分なボリューム感と味付け。合格点を上げていいと思います。

そして、ミニ冷麺にお酢をかけて、ゴマを振ってから、一口。

おおっ!この冷麺は、とても美味しい。特に麺が美味しい。少し甘めのタレにかけたお酢が見事にハーモニーになって、今まで食べた冷麺の中で上位に入る美味しさ。これは、冷麺だけでもリピートしたくなりました。この麺は、東京や盛岡でも食べた事が無いですね。違いは、ここのは、かなり細い麺で、盛岡のコシありすぎ麺とは真逆です。個人的には、この麺の新食感のとりこになりました。ありがとう!

そして、ワイフが頼んだ、辛いミニラーメンを一口。

ウマ辛っ!という感じですが、私には、かなり辛い。辛党のワイフは、とても気に入ったと言っています(笑)こちらは、私には辛すぎて評価できませんが、辛党のワイフは、絶賛していたので、辛党さんには、合格という事で(笑)

ゆめタウン博多のフードコートは、他に無い石焼ビビンパ専門店もあって、とても清潔感がありますね。そして広々としています。以前に行ったMARKISのフードコート内のお店は、フードコートなのに価格の高いお店ばかりで、とてもコスパが悪いところばかりでしたが、ここゆめタウン博多のフードコートは、リーズナブルな価格で安心ですね。

ゆめタウン博多のフードコートは、また利用したいと思います。

ごちそうさまでした。

以下、応援お願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

福岡は子供がたくさん

なんか、以前、マレーシア珍道中ブログで、マレーシアは子供が多いというエントリを書いたのを思い出しました。

ゆめタウン博多や、MARKIS(マークイズ)のフードコートでは、家族連れをよく見かけるけど、ほどんどの家族は、子供2人は当たり前にいて、東京では滅多に見かけない、子供3人いる家庭をたくさん見かけます。そして両親もとても若くて元気な感じです。

東京で、よく見かけたのは、疲れて年取った両親と子供一人というのが、標準的に見かける家族構成でした。それは、福岡なら孫ですという世代での親が多いということです。

また、東京の特に母親は、スーパーなどで「ゆうこと聞きなさい!キー、キー!」と金切り声で子供を叱るシーンをよく見かけたのですが、福岡にアイターン移住して5カ月が過ぎても、一度もそんなシーンを見たことがありません。

先日も幼稚園児のお散歩タイムに出くわしたのですが、本当にたくさんひよこがいました。東京在住時に公園の近くに住んでいた時に、幼稚園児のお散歩コースだったけど、せいぜい15人弱でした。ところが、目撃した西公園では、30人以上の園児がいたので、東京の倍ですね。

そういえば、東京の園児の声を聞いた、北海道で引きこもりの子供部屋おじさんが、「東京は子供の声が聞こえていいね」と言っていたのを思い出した。どれだけ、老人しかいないんだろ?とツッコミを入れたのでした。

その東京よりもさらに子供たちがたくさんいるのは、日本中で人口が伸びている福岡しか無いのかもしれませんね。

子供たちの飽くなき好奇心からくる行動に十分対応できるのは、やはり若い母親と父親ではないと、難しいのかもしれませんね。

東京はもう老人だらけで老人大国化していますが、ここ福岡は、全体的に若者がたくさんいるので、子供たちもたくさんいます。こんな福岡でも男性が少ないので、女性が余っているそうです。

日本国内のお嫁さん募集している男子諸君、福岡の女性は、多少ヘタレでも許容範囲が東京のお高く留まっている女子よりもかなり可能性はあるから、結婚目的アイターン移住をしてみては、いかがですか?