天神北 赤坂江戸そば【ゆで太郎】懐かしい東京の味

今日の食べ歩きランチスポットは、三連休の真ん中なので、天神エリアは人がたくさんいました。お目当ての大名にある天ぷらやにいったのですが、11時なのにもう満席でした。

店員さんいわく、30分ほど待つというので、ここには平日に再訪することにして断念します。

天神北から、少し離れて赤坂あたりに食べ歩きランチスポットを変更し、ウロウロしていたら、なんと、こんなところで、東京でサラリーマン生活のころ、よく世話になったチェーン展開の蕎麦や【ゆで太郎】が、有るじゃありませんか。早速初訪問してみましょう。

【ゆで太郎】

場所 県福岡市中央区赤坂1ー6−21

大正通り沿いにありました。このあたりには、たくさんお店があるので、次回もいろいろ探索したいところです。

今の私を他人が見たら、あまりの懐かしさと嬉しさのあまり、ほほがゆるんでしまい、なにやらニヤニヤしてる変なおじさんに見えてしまってるかも。とおもいつつ、早速店内へ。

店内の券売機にて、今日のおすすめ、ミニかつ丼セット680円→570円を発券します。いろいろとメニューがありますが、【ゆで太郎】はそばしかない、王道の江戸蕎麦やです。

うどんが主の福岡博多・天神エリアでは、【ゆで太郎】あまり人気は無いのかも。その証拠にお客さんは、まばらでしたから。でも私にはラッキーです。とても良いところを発見できました。いやー、最初に訪れた天ぷら屋さんが混雑しててよかった。

そばしか提供しないからかな?店内はこんな感じで、空いていました(笑)

本日の得セット570円

今日のお得セットは、ミニかつ丼にそば(温、冷を選べる)、通常680円が570円となり、日曜日でも提供してくれています。通常価格の680円でもすでにバリューなのに、コスパの良いのが大好きな江戸っ子の私には、最高のおもてなし。しかも大好物が二つもセットになるのですから。

半券を渡して、待つこと5分位で番号が呼ばれて取りに行きました。

このビジュアルに反応しない江戸っ子は、いませんね。着席して、まずは、アツアツのミニかつ丼から、一口。いただきまーす!

おおっ!懐かしい、うーん、濃い目のタレで、とても懐かしい味ですね。とんかつも厚いのに柔らかくて、濃い目のタレも江戸っ子の私には、ビンゴでした。王道の蕎麦屋のかつ丼ですね。そして次はおそばをいただきまーす!

うんうん、これはこれで、美味しいのです。さすが、ゆで太郎。たんなる安いおそばを提供するだけではありませんね。私の記憶が確かならば、ゆで太郎は、富士そばなどよりもそば粉の量も多く、製めんも店舗ごとに行っていたはず。

だからか、提供するのも他のクイック蕎麦やに比べ、少し時間がかかる感じでしたから、ここもおそばは久しぶりにたべましたが、満足度の高い方になりました。ただ、気のせいか、若干、麺つゆが甘いような。。。こんな感じだったかな?

まあ、細かいことは、きにせずに、全体的には、これで570円だなんて、本当に安いと思います。行こうと思っていた500円元祖長浜ラーメンが10%も値上げの550円になっていたので、それなら、こちら【ゆで太郎】に行くのが、良いですね。ここ福岡の店舗には、ご当地メニューもありました。次回は、試してみたいと思います。

帰り際に気付いたのですが、【ゆで太郎】朝セット安いですね。びっくり。写真載せておきます。

朝セットは、ご当地メニューの高菜ごはんセットが360円でいけるんですね。早起きしたら行ってみようかな。それ以外にもランチセットもワンコイン500円であるんですね。いやーここは、味というよりも、コスパと懐かしさで、リピート店入りしました(笑)

実は、ここまでは、福岡博多・天神エリアには、東京の蕎麦やは無いなぁ、と諦めていたのですが、今日は本当に発見してよかった。あとは、太麺のつけ麺があれば、何も言うことありません。

これならば、私のように東京でのサラリーマン生活は人間関係のストレスランドで老化を早めるだけだったので、リタイヤ後に福岡博多・天神エリアに住むのはお勧めですね。

なぜなら、天神南エリアの渡辺通・薬院あたりなら、東京でいえば、銀座・丸の内近く銀座一丁目あたりに住んでいるようなものですから、利便性は最高で、リタイアメントにもとてもお勧めですね。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!