【山庄】街密着の中華店 ボリューム満点

天気予報だと、雨天確率50%とのこと。折りたたみ傘を持って、天神地下街方面に行くことにしました。

歩いている途中に、そういえば、渡辺通周辺で、12時過ぎに並んでいたキタナシュラン的中華やさんを発見していたのを思い出したので、食べ歩き探索をしてきました。

【山庄】

場所 福岡市中央区渡辺通5-15-22

新川橋のドコモショップを曲がり100mほど進むと、右手に見えてきます。

店外にメニューが貼ってありました。11:15だけど、すでにオープンしています。お客さんも入っていますね。

定食は、14種類あって700円。麺類は、ソース焼きそば650円、ラーメン550円とかリーズナブルな価格で、Aミニ焼めし200円、Bミニ天津丼200円、Cとり天とミニ焼めし300円、Dとり天とミニ天津丼のセット300円。

店内は、カウンター席のみで、ランチタイム突入すると混雑するので、そのまま早めに初訪問してみました。

定食は14種類もあって、悩みますね。初訪問の今回は、単品にセットにしてみます。ということで、いろいろと悩んだけど、最近ソース焼きそばを食べていない。関東と違うのかも試してみたく、ソース焼きそば650円にしてみます。

セットも焼飯と天津丼のどっちにするか悩んだけど、天津丼なんてほとんど食べた事無いので、そちらにとり天付けて、Dセット300円を追加。いろいろと試してみました。

ソース焼きそば650円

オーダーしてから7分ほどで到着。アツアツ状態で、良い香り。これは、期待できますね。早速、いただきまーす!

おおおおおおーっ!アツアツ。ウマっ!

これは、関東の辛めの王道のソース焼きそばと違ってコクのある甘めの味付け。焼きそばに650円って、高いかなって感じだったけど、これは、とても美味しい。江戸っ子の私には、初めて食べる味。食べる価値あり。

関東と少し違う、少し甘味のソースと太麺がラード?かな、良く炒めてあって味もしっかり。ご飯と食べたいくらい(笑) 初めて食べる味でしたが、とても美味しい。合格でした。これはリピートしたいと思います。

Dセット300円

とり天2つにミニ天津丼が遅れて到着。凄いボリューム。食べきれるかな?(汗)

さて、こちらも実食、いただきまーす!

こわもてだけどよく見ると目が可愛く礼儀正しい店員さんが、カウンター席にある黄色のソース入れがとり天用の揚げソースと教えてくれました。辛子高菜も撮り放題。そして、スープはポットからセルフで飲み放題と教えてくれます、サービス満点ですね。

黄色ソースをかけてから、一口。おおおおおおーっ!とり天がとくにサクサクとして、独自のソースが不思議な味で、アツアツのサクサク。とても美味しかった。これは、とり天定食にしたい白米が進む味ですね。定食なら700円ですね。次回の候補にしようっと。

続いて、ミニ天津丼は、甘めのタレにフワフワ卵がのっています。ボリューム満点なので、さすがにソース焼きそば食べた後には、食べきれずに半分残してしまいました。とり天は美味しくてリピートしたいけど、ミニ天津丼は十分満喫ということで、今回のみ(笑)

ボリューム満点でいろいろなセットもあって大食漢にもうれしいサービス。これで、総額950円は、合格でした。ただ、セットはボリューム満点で、私には食べきれないので、定食700円にしたいと思います。

会計をすますときに、見つけてしまったものが。残念なお知らせは、10月7日より値上げ予定の告知がありました。値上げ前に訪問できてラッキーでしたが、次回予定している定食は、700円からいくらになるのかなぁ。

応援お願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

年を取ったのかな?

「ぶっちゃけ」という言葉。私には、とても品がない言葉に聞こえて、なぜかイラッとするのです。民放の番組タイトルにも使われているし、ひな壇トークでは、タレントが結構言使っています。

流石にNHKでは「ぶっちゃけー」なんて一度も聞いたことはありませんが、民法のフリーアナウンサーがいい年して使っているのは、なんかとてもバカっぽい。しかも下品な感じに思えてならないのです。

思い出してみれば、サラリーマン時代には、所属していた企業では、聞いたことはありませんでしたが、売込に来た日本企業では若手(といってもアラフォー世代の男女ともにですよ!)も私相手にプレゼンでも良く使っていたのを思い出しました。(もちろん、その会社とは取引しませんでした)

ただ、幸いにしてその昔、解散したジャニタレが良く使っていたけど、TVで見る機会も減ってきているし、TVでも使うタレントが減ってきたのは良い傾向です。

いづれにしてもこういう品のない濁点言葉は、時代と共に淘汰されていくと思っています。そんなことにイラッとするのは、やっぱり、年なのかなぁ、と思うこの頃でした。