帰りもトラブル。。

早朝、5:45にチェックアウトして、博多空港国際線ターミナルへと向かいます。

今回の福岡博多 食べ歩き第一弾のメインミッション、住居確定が出来てホッとして第二の故郷クアラルンプールに帰国できます。

エアーアジア福岡直行便

エアーアジアの直行便のお陰で、東京羽田に戻るよりも1時間も近く、かつ博多空港から、天神エリアまでの近さは、都市として優れものです。

さて、チェックインカウンターで、チケットを受け取るだけで、もう終了と思いきや、最後の最後まで、いろいろありました。

手荷物重量厳格化

手荷物の重量オーバー。今までこんなに厳格に測られたことは、無かったのですが、今回は、機内手荷物すべて一人7㎏と厳格化されて、計測されました。約7㎏のオーバーとのこと。仕方なく、手荷物を使い料金支払い、預けることに。その金額が、びっくりです。1万円、おーい、どれだけ高いんだ。

もしも1-2㎏オーバーならば、Tシャツ,パンツなどを全部捨てて、クアラルンプールにて1万円で新品買っておつりがくるくらいなので、そうしたのですが、なんと7kgオーバーでは。。文句を言ってもだめなものは、ダメなので、無駄な努力はせずに、素直に支払いました。

お気に入りの没収

そして、さらにまたまた、事件。。。手荷物一つだけは、機内に持ち込みできるので、そのまま手荷物検査へ。私の荷物にお気に入りのバンコクで購入した爪切りを入れていました。今まで、何度も羽田、バンコク、マレーシア国際空港などを行き来しても一度も言われたことは、なかったのですが、福岡空港国際線で再チェックに会いました。

そして、爪切りには、五徳のように缶切りとミニナイフ(わずか3cm)が折り曲げられているもので、とても気に入っているものでした。

それを、これはナイフ付いてるので、ダメ。と国際線の検査官女子。融通がまったくききません。たった、3センチ以下で、なにが出来るというのですかね!!

まあ、頭に来ても仕方ないから、笑顔で没収されてしまいました。

クアラルンプール国際空港でトラブル

軽く仮眠したり、スマホに入れてきたアニメを見たりしていたら、あっという間にクアラルンプール国際空港2に到着です。

荷物は、二つ預けてあったので、急ぐ必要もないのですが、何度も行き来している中で、最も混雑していた入国審査。なんと、出るまでに90分もかかりました。始めてですよ。こんなに混雑していたのは。

政権がマハティールさんに戻り、審査を厳格化していて、一人当たりの処理時間が長いです。そして、以前あったASEANレーンも無くなっていて、ASEAN優遇処置もKLIA2には、見当たりませんでした。

そうこうしているうちに、入国審査から出たのですが、今度は、飛行機の受け取り荷物の表示が無い。。。

手荷物が先に。

サービスカウンターにて問い合わせしようとしたところ、すでに全部出ていて、一番奥にたくさんの手荷物が置いてありました。その中から、発見できて、ホッとしましたが、手荷物で1万円も追加。最初に乗り遅れてチケット再購入して3万円。と今回の計画は、トラブルだらけ。

そして、不動産賃貸もこちらの事前の要望は全部却下され、賃貸予算もオーバーしたところしか、借りることができませんでした。

流石に楽観主義者の私たち夫婦も想定外の出来事ばかりで、その都度、バックアッププランを策定し直しで、息も詰まる展開に疲れ果ててしまいました。最後には、なんとか軌道修正し、最後の最後で、終わりよければ全てよしと言う事になったのは、本当にラッキーでした。

まだまだ、いろいろと書きたいことはたくさんありますが、今日のところは、これくらいにしておきます。

さあ、これから、福岡へ引越しですね。

*応援クリックよろしくお願いいたします。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!