博多バスターミナル【自家製麺 杵屋】懐かしのカレーうどん定食

今日はワイフが博多駅まで行くと言うので、ついていくことにしました。午後はそれぞれ用事があって別行動ですが、ランチは一緒に取ることにします。福岡は、今日も快晴のとても良い天気なので、熱中症にならないように、バスで駅まで行くことにしました。

ちょうど博多バスターミナルまでのバス便が来たので、そのバスに乗って食べ歩きスポットは、博多バスターミナル8Fのレストラン街のどこかにしよう、という事で、そこでランチタイムへ。

博多バスターミナル地下と8Fのレストランフロアには、いろいろなお店が入っていますが、地下よりも8Fレストラン街が空いています。そこが穴場ランチスポットになっていますから、そちらに早速訪問。

【自家製麺 杵屋】

場所 福岡市博多区博多駅中央街2−1博多バスターミナル8F

博多駅のレストラン街がランチタイムになるとどこも混雑するところが多い中で、唯一このバスターミナルの8Fは、いつも穴場スポットです。

今日はラッキーなことに、ビル全体で第三火曜日は、680円ランチのキャンペーンを行っているらしく、ここ杵屋さんも看板がありました。なんと、今日は私の好きなカレーうどんじゃないですか。

他にもたくさんのお店がありましたが、私はワイフにも「ここに行こう。ここ杵屋なら、そばもあるし」と。ワイフは他のお店も見たがっていたようですが、杵屋さんが、すでに席が埋まりつつあったので、そのままこちらに初訪問することにしました。

カレーうどん定食680円

なんと、通常価格よりもかなりお得なセットになっていました。白米、かやくごはん、お稲荷から、選べて、さらにうどんは、1.5増量が無料とのこと。お稲荷さんと、うどん大盛りにしてオーダーします。ワイフもオーダーして、しばらく待つこと、5分くらい。あっという間にサーブされてきました。

おおっ!これぞ、王道のカレーうどん定食ではないか!写真では、この感動は伝わりませんが、かれーうどんが、あんかけ風にとろみを帯びたカレー汁になっていて、ツヤツヤしています。

ワイフは、同様にベースオーダーは、カレーうどん定食でしたが、うどんをそばに変えてもらい(蕎麦は大盛りできないけど)、白米にしました。おそらく、福岡博多では、カレー蕎麦は、ほとんど出ないのでしょうか。少し時間がかかって到着でした。こちらも美味しそう。

さて、実食、いただきまーす!

うどんも東京の一般的な蕎麦やで、提供される全くこしのないうどん。柔らかめのカレーうどんですね。実はこの柔らかさが、幼少の頃からよく食べていたカレーうどんの食感で、とても懐かしいのでした。カレー出汁汁は、先にも書いた様にアツアツでとろみがあって、さらに一味が効いたピリッとした辛さも感じられます。とても美味しいので、あっという間に大盛りうどんを平らげてしまいました。

さて、お稲荷さんは、関東よりもほんのり甘めな出汁で煮た揚げの優しい味でした。これは関東風ではないけど、九州とも違うような気がしますね。おそらくここ杵屋さんは、関西圏が主流な感じなのでしょうね、あとでググってみましょう。

早速、ググってみたら、ここは、東京では、そじ坊というチェーン展開している蕎麦屋と同じ会社のうどん版なのでした。東京の郊外には、うどんの杵屋もあるみたいですが、東京では訪問したことはなかったですね。

そして、やはり本社は大阪でした。なるほど、なんとなく、納得した次第です。

本当にラッキーなのは、月に一回しかない博多バスターミナルのキャンペーン日にあたったこと。しかも偶然が重なり、いつもの博多駅行バス停にて、たまたま到着したのが、博多駅行ではなく、博多駅バスターミナル行きに乗ったことでした。

偶然は、必然なので、このようなお得に遭遇したのも引き寄せの法則が働いています、なんてね。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!