【168一路發(イロハ)】担々麺690円

福岡は、台風一過で、とても爽やかな風と、ほぼ快晴の空です。

天候が良いので、昨日に引き続き、食べ歩き探索で、博多駅に行ってきました。いつも歩いてた駅地下街に新しいお店を発見。近くにいってみます。

【168一路發(イロハ)】

場所 博多駅地下街B1 博多新三井ビル方面へいくと左側に見えてきます。タピオカドリンクのお店と一緒になっている担々麺690円の看板を発見。

外から店内の様子は、こんな感じ。真新しいです。

入り口に券売機がありました。担々麺690円と白米100円の券を購入。

担々麺690円+白米100円

空いている席に座って、待つこと10分弱。サーブされてきました。

さて、早速、いただいてみます。いただきまーす!

アツアツ状態ではないけれど、ゴマの風味とひき肉、が効いています。ベースは福岡では良くある豚骨ベースではなくて、東京と同じ醤油ベースの担々麺で、個人的にはうれしい味。これで、690円ならば、合格ですね。

あっという間に食べてしまったので、さて、ここから第二弾。これからが担々麺のスープめしにすべく、白米投入。

ジャジャジャジャーン。うん!やっぱり白米だよね。私の中では、麺を食べたあとに白米が無いと担々麺とは言えないのです(笑)

前に通過したときには気付かなかったので、聞いたら、このお店は、8月にここにオープンしたとのこと。なるほどねー。美味しかったので、担々麺が食べたくなったら、また来たいと思います。ごちそうさまでした!

以下、応援お願いします<m(__)m>

*いつも応援ありがとうございます。毎日更新中ですが、画面が変わらなければ、ブラウザのキャッシュに残っているので、リロードしてみてくださいませ。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

日本のドンは誰?

ロシアのプーチン、中国のシージンピン(習近平)、米国のトランプ、トルコのエリドリアンなど、それぞれの国に君臨するドンは、国の方向性を決める権限を有した唯一の存在だと思います。

ところが、日本においては、いったい日本の社会は誰が牛耳っているのだろう?

いつも不思議でなりません。象徴的には天皇ですが、現行憲法の規定により、国政に関する機能を持てないとなっています。

「日本国憲法第1条は、天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」

「第4条では、天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」

天皇でなければ、日本のドンは、内閣総理大臣ですか? ところが、内閣総理大臣の権限って、国政大臣の任命権くらいで、それ以外は、特にありません。

やっぱり、官僚国家日本なので、どこかの省庁のドンが、メディアとか一般市民には、全くわからないところで、いろいろと陰で操っているんじゃないのかな。

それって誰なんだろう?

消費税導入も阻止できないなら、仮にですよ?もしも戦争になりそうで、戦争を止める権限を有したものがいなければ、どうなるんだろ?そう思ってしまいますよね。

民主主義だから、国民の総意?いや、私を含めて一般人は馬鹿ばかり。国を統治する人間は、頭の良い人に任せたいですよね。

確かにお隣の国は、法相任命でごり押ししたり、国民総意をくみ取ったりと、国内が真っ二つに分かれてしまってます。その他にも国民総意で決めてしまうと、迷走しているイギリスのブレクジット状態になってしまいますし。

民主主義も当然、バカが一番多いのに、多数決で決めるという危険性があるし、資本主義も上位1%が=全体の99%と収斂していけば、弊害ばかりとなりそう。

そんな中でも、不思議な国の日本国。この先は、どうなるんだろ?