稼ぐ力を身につける

人生後半で最も重要なことは、バイタリティ(生活力)を強化することだ。定年を迎えても、あるいは定年前に退職したとしても、いくつになっても「稼ぐ能力」を身につけることが重要だ。今は少子高齢化によって、今後年金は減ることはあっても増えることはない。可処分所得についても同様だ。減ることを前提にして、人生の後半を考えなければならない。

逃げ切り組は

人生100年時代が現実化し、GDPがシュリンクし始めている 日本国。まだまだ今後30年以内はなんとかなるだろう、その30年の間に65歳年金受給時に自力で資産5千万円以上残せる人や、実家(遺産)がある人達はギリギリセーフの逃げ切り組だろう。

「稼ぐ能力」が無くても「年金と遺産や貯蓄切り崩し」で、一生を全うできる可能性はあるから老後に「稼ぐ能力」を満たせなくても良いだろう。また、定年退職時に遺産や貯蓄がない人でも、自営業でやむなく廃業したとしても、今後30年以内ならば、日本国内なら生活保護を受給できる可能性は高いので、一生食べるだけならギリギリなんとかなるだろう。

35歳以下の世代は

しかし、それ以外の35歳以下の世代は、おそらく年金は破綻はしないが、ものすごく少額になるだろうから、年金だけでは、生活費としては当てにできない。食費すら賄えないかもしれない。そして、今後も働き続けても日本国内のサラリーマンである限り、可処分所得の伸びはまったく期待できないから、それこそ、真剣にいくつになってもプラスアルファの「稼ぐ能力」を身に着けないと悲惨な老後しか待っていない。明日から、いや今日からでも準備を進めよう。

一生涯グルメな食べ歩きができるほど「稼ぐ能力」を得るのが一番の理想だ。しかも自分の大好きなことで、特異な才能があれば最高の人生を送ることができる。だからこそ、今からでも勉強を勧めたい。

行動しよう

それに関連する職業を見習いからでも経験していくとか、例えば、具体例をあげると、

  • 資産運用に興味があるなら、行動し投資を始める
  • 書くことが好きなら、ライター見習いから初めて見る
  • 写真、ビデオ撮影が好きなら、動画編集の見習いから初めて見る
  • 需要のたくさんあるプログラミング言語を習得してみる
  • WordPressを勉強してホームページ構築などを受注していく
  • とにかく行動を起こしフリーランスWebに登録する

フリーランスWebに登録しよう

また、自分で何ができるのか、思いつかない人は、まずはフリーランス募集のWebサイトを検索してみよう、そこには、様々な仕事依頼があるから「これだ」と思う自分にあうものを応募してみるとか、フリーランス仕事探しからでも行動を起こしてみよう。必ず、何かを掴むことができるだろう。

自分の未来を決めるのは、自分自身なのだから。