電気ビル【大福うどん】太麺の博多うどん

福岡は、先週の後半あたりから、マレーシアよりも寒くなってきました。そして今日は終日雨模様。しかも今年のカラ梅雨の時期よりも激しく降っています。

こんな時は、地下街を歩くのが一番ですが、電気ビル4棟分も地下でつながっていて歩けるので、電気ビル内の飲食店に注目して、食べ歩きスポット探索に行くことにしました。あまりお店はないですが、福岡の有名うどんすき店の一角になる【大福うどん】があるので、早速、初訪問しましょう。

【大福うどん】

場所 福岡市中央区渡辺通2ー1−82電気ビル北館B1

いちばん南側の電気ビルから地下でつながっているので、一番奥の北ビル内まで、雨でもぬれずにいけました。

開店してまだ、数分。席はガラガラでした。

カウンター席だけは、混雑。一つしか空いてなくて、しかもそこだけ狭い。最初にカウンターへ案内されたけど「そこは、無理。狭いでしょ、いいです」とお店を出ようとしたら、「あっ、奥の二人席へどうぞ、もし混んだら相席でお願いします」と店員さん。

(なんだかなぁと思いつつ)気を取り直してそちらへ着席。今日の日替わり定食は、天丼セット。こちらをオーダー。

待つこと、3分弱で、提供されたので、天丼は作り置きです、残念。

日替わり定食690円

さて、実食。いただきまーす!

うどん(or蕎麦をえらべます)博多うどんの因幡うどんやWESTより、やや太めのうどん。コシは無いけど、モチモチ感はややありますね。東京のうどんに似ています。

出汁はアゴだしという感じ。総じて普通においしいうどんでした。

次に、ミニ天丼にいってみます。ビジュアルは、残念ながらダメ。ごはんが見えすぎで、てんぷら作り置き感満載。残念です。食べてみたら、味は普通で、問題なく完食。可もなく不可もなしという感じでした。

さて、大福うどんの感想は、コスパは日替わり定食690円でギリ合格。その他のセットは割高。テーブルの上には、何もサービスがない。因幡うどんは、ねぎ乗せ放題。WESTもねぎ乗せ放題だし、WESTのかき揚げセット750円の方が断然お得感満載。

総合的に大福うどんは、わざわざ食べに行くほどのことは無いけど、近所にそこしかなければ、うどんだけは、リピートしても良い程度という評価でした。やっぱり、因幡うどん、WESTには、かないませんね。

以下、応援クリックお願い<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

雑記

子供部屋おじさんって、聞いたことありますか? 私の友人にも子供部屋おじさんがいます。友人の場合は、引きこもりではなく、40代後半までサラリーマン生活をしていたけど、希望退職制度の応募しアーリーリタイアしてから、しばらくは、独身フリーを謳歌して日本一周したり、映画を毎日見たりしていました。

しかし、両親が高齢になり介護が必要になったのです。独身だったので、気軽に実家へとUターンし、実家の子供部屋に再び住むことで、子供部屋おじさんの仲間入りになりました。

最近では、一度も実家を出たことの無い真子供部屋おじさんの実家住まいの言い訳に「親の介護」があるとのこと。本当に介護が必要な場合だけでなく、実家住まいの言い訳に使っている独身おじさんがたくさんいるんですね。

この背景には、子供部屋おじさんは、特に地方にたくさんいます。一度も実家を出たことないと、周りから実家暮らしのキモオタというレッテルを張られてしまうのだそうで、未婚女性の70%以上は、実家住まいの男子は、婚活対象外だとのこと。

そう思われないために、「介護のためにやむなく実家暮らし」を言い訳にしているそうな。日本はいつから、こんな親離れ・子離れできない家族になってしまったのでしょうか。こんな実態があるんですから、少子高齢化は、さらに加速しそう。不動産もさらに下落していくでしょうね。