天神南・渡辺通【中和食堂】穴場の定食屋さん

さて、今日はどのあたりにしようかな?そういえば、この間気になる看板を発見していたところがあったのです。

三角市場の因幡うどんを曲がったとおりから、少し行って右側の路地を振り返ると、写真のように見えてきます。

【中和食堂】

場所 福岡市中央区渡辺通2ー1−32

近づくと、2Fが店舗ですね。全席禁煙なら入ろうと思います。

近づくと、ランチメニューの看板があります。ほほー。安いですね。600円ですか。びっくり。福岡博多の食べ歩きランチスポットは、本当にリーズナブルな価格で、たくさん発見できます。それにしても福岡の博多・天神エリアだけでも全部回るのに何年かかるのだろう?とブログのネタが尽きなくて、嬉しいやら大変やら複雑な心境ですね。

奥のテーブルに一組だけいましたが、私一人なので、カウンター席へ。結構広々としたカウンターでおひとり様には、うれしいですね。店内の様子です。

こんなサービスもありますね。日本語が少し変ですけど(笑)

定食などもたくさんメニューがあって、炒飯は、450円だなんて、びっくり価格。

いろいろあるけれど、初訪問なのでランチの看板に書いてあった定食にします。

青椒肉絲定食600円

1番がとんかつ定食。2番がこちら。2番を選択したのは、揚げ物だと料理の評価は難しいので、せっかくだから、炒め物の2番にしてみました。写真のように600円にしては、メインのボリュームもあるし、ご飯は、セルフでお代わり自由なら、合格かな。

さて、早速、実食、いただきまーす!

まずは、卵スープを一口。アツアツあんかけの卵スープ。普通に美味しい。そして、メインの青椒肉絲は、アツアツで湯気がたくさん出ています。味もコンビニ弁当以上に美味しいですし、意外とボリュームもありますね。

ただ、ごはんが、ややマレーシアのカルロース米と同じ感じに感じますね。日本製のライスかな?ひっとしたら、ここがコストダウンしてるのかも。と言いつつも、おかずの量もたくさんあるのと、ライスは小さい茶碗だったので、バランスが悪く、ライスをお代わりしてしまいました。

お代わりのジャーのライスもチェックしてみたところ、同じお米だけど、ジャーのライスの方が、つやが合った感じがしましたね。写真撮っておけばよかったと少し後悔。次回チャンスがあったら、再確認してみたいところですね。

本日の定食600円税込なので、青椒肉絲がその価格で食べられるのは、コンビニ弁当しか思いつかないので、今日はお得かも。

私も青椒肉絲は、思い出しても滅多に食べないものでしたので、たまには、変わったメニューが食べたくなったら、たまに行くのもありかもしれませんね。

ここ【中和食堂】は、中華と和食を提供する食堂の略みたいで、店員さんは、全員台湾の方かな。本土の人よりも柔らかい中国語に感じたのと、笑顔があることで、台湾系と勝手に判断しちゃっています。決めつける訳では無いですが、経験上から言えば、台湾以外の中華人はマレーシアも含めてみんな愛想は悪かったから。

総括すると【中和食堂】は、この定食のライスは残念ながら、あまり美味しくないマレーシアのカルロース米をおもいだすので、ライスをチョイスするよりも麺か、炒飯を一度トライしてみて、再評価してみたいところですね。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!