【福岡サイクリングルート】糸島一周は面白かった!

愛車CANYON Endurace CF7.0が到着して、慣らし運転も終了したので、初の遠乗りに出かけてきました。一度も行ったことがないので、とてワクワクしながら、Stravaアプリでログがとりつつ、行ってきました。

糸島一周は面白かった

CANYON Endurace CF7.0で、初の70㎞走行でした。アプリのログはこんな感じでした。走行距離70.8㎞(GPS) サイクルコンピュータでは、70.788kmだったので、ほぼ正確な数字でした。

 

Stravaアプリで、ログのシェアをすることが出来るので、早速、ブログに張り付けてみました。上手く行ったら、今後はこの方法でサイクリングルートのシェアが簡単にできますね。

いやー、楽しすぎる(笑)写真を撮った場所も上のログにテロップが自動でされていました。このStrava面白いですね。ただ、バッテリーの持ちが悪いのが難点ですが。

糸島の海岸沿いは、関東の葉山から江の島間の道に比べて、アップダウンもそんなになくて車も少ない。何より、信号がほとんどない。海沿いをずっーと走れる最高のサイクリングロードでした。

今津湾

それにしても福岡の海は、透明度が高くて奇麗でした。

眺望の良さをどうしたら、伝えられるのか、いろいろと考えてパノラマ撮影してみたので、こんな感じで、伝わるかな。

R54大原海水浴場辺り?

とにかく、こんな感じの道が、海岸線沿いに続いていて、しかも信号もないし、車も少ない。サイクリストには、最高の道路でした。

桜井二見ヶ浦の夫婦岩

空も海も青くて、とても美しい景観でした。

ところで、筋肉もかなり復活してきたので、前傾姿勢が苦にならなくなってきました。その結果、走っている最中にこのCANYON Endurace CF7.0は、前のマシンよりもかなりアップライトに感じてしまい、ポジションがしっくりこないのです。

もう少し、シートを上げようと思います。シートは、1.0㎝あげて、次回それで走ってみます。それでも違和感があるなら、今度はハンドルを1㎝ずつ下げていく予定です。いろいろと試しながら、サイクリングするのも楽しみが増えてきますね。

次回は、いよいよ、もう少し先まで行って、100㎞越えにチャレンジします。

追記

志賀島ルートをサイクリングしたときに、サドル1㎝上げていったのですが、風が強かったせいもあるけど、低かったので、さらにサドルを1㎝上げました。今のところ、これがベターなポジション状態になりつつあります。

次の遠乗りで、実際に長時間のライドを試してみます。100㎞越えて6時間ほど乗ってもお尻の痛みが、許容できる範囲で何とかなりそうならそのポジションで固定します。

それでもまだ、違和感があれば、次はハンドルを1㎝ずつ下げていくことにします。