【ロードバイク】サイクルコンピュータとスマホホルダーは?

私の使い方

磁石式のサイコンもスマホのマップと併用で使用して、今のところ問題なく動作しています。

私の現在の使用状況は、スマホでは地図をメインに見るのと、走行ルートのログを残すことがメイン。それ以外の温度計、スピード、累計走行距離、消費カロリーは、激安サイクルコンピュータで計測。

愛車CANYON Endurace CF7.0に取り付けた状態。

サイクルコンピュータ

 

このサイコン、温度計、消費カロリー、累計距離、時計、ストップウオッチ、バックライトなどかなりの多機能なのにたったの1800円と激安なのに機能が豊富なので選択したのです。

今の流行りは、GPS式なので、この手の磁石式はどんどん安くなり在庫一掃セール状態で、その中でも群を抜いてコスパが良かったのが選定理由でした。

最近になって多機能な使い方をやっと習得(笑)

使用し始めて気付いたのは、「消費カロリーのところに異常値が出てる。まあ、激安サイコンだからこんなものか。」と思っていたら、「その都度にリセットしないと累計していく」ということが判明(笑)

通常の考えだと、「本日の走行ルートを計測するときに、ゼロリセットを毎回するので、勝手にカロリーもゼロリセットされているだろう。」と思っていたでした。

ところが、カロリーは、カロリーの画面で、都度リセットしないとならない。ということが、やっと解明。

最初からGPS式にしなかったのは、まだまだGPS式がお高い。しかもバッテリーの持ちが悪い。もう少し価格がこなれてきたら、購入を検討するとして、今はこれと捕捉でスマホを用いて併用すれば十分と思っています。

スマホホルダー

ちなみにスマホホルダーは、こちらのものが、7インチまで対応していて、しかもハンドルに取付する機構が頑丈そうなので使用中。

70㎞走行してきたけど、ルートログを取りながら、取り外しも簡単なので、写真も簡単にとることもできます。これはお勧めですね。1499円で購入。

スマホ側ー画面両端のベルトが、顔認証や画面タッチに邪魔しない。取り外し可能で、電話出る時、メールの確認や途中で写真撮りたいときも簡単に実現。


ハンドル取付ー調節できて18-35mmのハンドルバーに対応。シリコンパッドが内蔵されているので、多少のガタガタ道でもOK。取り外しも簡単。

 

使用した感想

スマホは、Stravaを使用してログもちゃんと残すことが出来ました。走ったことの無い道でしたので、帰りは、Googleナビが役に立ちます。やはり、私の場合は、福岡にアイターン移住して間の無く土地勘のない場所なため、スマホとサブで簡易サイコンという取り合わせが、いまのところ一番有効です。

昨日の70.788㎞の走行時に消費カロリーも同様にしてゼロにしてた結果、1614.8Kcalと予想した値と近似値が出るようになりました。

サイコンは、入力した体重から運動時間と平均速度で運動強度を出して計算されているはずなので近似値ですが、消費カロリーがどのくらいか、の目安にはできるので、ダイエットにも有用ですね。

気に入らない点は、フロントフォークにセンサーが付いているのがダサいけど、いずれ自分が望んでいる使い方に合致したGPS式が出てきたら、アップグレード時に外せるので、まあ良しとしています。

 

ランチネタではありませんが、よろしかったら応援よろしくお願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!