福岡の有名カレー店を食べ歩いて【お勧めカレーまとめ】を作ってみた

食べ歩きしてきた福岡の博多・天神エリアを主としたいろいろなカレー店をまとめて独断と偏見で、お勧めランクをつけてみました。

私のカレー観

カレーについては、東京在住時に様々インドカリー、タイカリー、も含め、東京で有名店といわれるどころはほとんど食べ歩いてきましたので、東京エリアでは、制覇しています。

今でも鮮明に覚えていて何回も再訪し続けた、スパイス使いなら、神保町エチオピア、四谷三丁目メーヤゥ、駒沢大学駅ピキヌー、新宿curry草枕などがさっと思い出します。

インドカリーなら700円でナンお代わり無料の最強のコスパ銀座シャンテ内のひつじ屋、やや高級だけど、とても美味しかった丸の内グルカオンなどが出てきます。

特別枠としては、チキンカリーでは、新宿御苑けらら、カツカレーではキッチン南海も並ぶ価値ありでした。今でも記憶に残っているお店がたくさんあります。

マレーシアのクアラルンプールに移住してからは、さらに本格的なインドカリー、タイカリーを食べ歩きしてきました。

マレーシアのインドカリーは、日本のインドカリーとは、大きく異なり、本格的なインドカリーとは、こういうものなんだね。日本のインドカリーは日本独自のアレンジ版でしかなかったんだ、という事を理解できました。

そして、さらに驚くのは、激安です。ほとんどは、日本円にしてワンコイン以下。マサラドーサならば、100円前後という激安で美味しいカリーが食べられる環境でした。

ざっと、どんな感じかと、写真をシェアしますと、

バナナリーフカリー

バンサーエリアにて

インド人街にて

これ以外にもたくさんあります。マレーシア人口の10%はインド系住民、街のあちこちにカリー屋があるので、住んでいた時の訪問頻度は、週一以上になっていました。

そのために本格的なカレーに関しては、コスパを含めて、評価基準が、かなりハードルが上がっちゃっていますから、カレー店の評価がどうしても厳しくなってしまうのです。

評価基準の大前提は、高い価格ものは美味しいのが当たり前ですよね。なので高くても普通に美味しいだけなら☆3です。☆3を基準にして、食した後に、価格の価値があるか無いか、さらに衛生面と店内の環境も重要な要素になります。

味については、大きく分けて、日本的なご飯に合うカレーは東京の神保町との比較、海外カレーは東京とマレーシアを含めて総合的に比較していますので、辛口評価には、ご理解願います。

福岡の博多・天神エリア カレーまとめ

さて、本題に入ります。5月に福岡にアイターンしてから、ここまで2カ月弱がたち、福岡博多で食べ歩きを始めて、福岡エリアのカレーも有名店も含めて、いろいろなジャンルのカレーを食べ歩いてきました。

ざっと名を上げていくと、阪急博多ナイルカレー、サンセルコの490円ビーフカレー、同サンキューカリー、薬院のインドカリー、スリランカカリー、薬膳スープカリー、ワンコイン黒カレーと、どれもとても美味しいカレーをたくさん食べ歩きしてきました。そこで、一度、カレージャンルだけで、まとめてみなさんの見やすいようにしてみようと思い、私のお勧め☆マークをつけてみなさんとシェアしてみたいとおもいます。

阪急博多【ナイルカレー】☆3

味も普通なのにコスパが悪い。

天神ソラリア【ツナパハ】☆4

東京四谷のタイレッドカリー名店メーヤゥを彷彿させるお店

☆5にしたいがコスパで‐☆

薬膳カレー【kaju】☆4

記憶に残るスパイス使いのスープカリーです

☆5にしたいがコスパで‐☆

サンセルコ2か所

420円のサンキューカリー☆2

ダブルルーは良いけど、ライスがバリカタで芯が残っていたのが‐☆2

鯛はのぼる490円ビーフカリー☆2

ボリューム満点です。けど、衛生面を気にする方は無理かも。

薬院インドカリー【ミラン】☆2

ランチのインドカリーで、福岡で850円は、東京と比べてもとても高く感じる。そして、東京のインドカリーでは当たり前のナンもお代わり無料もなかった。コスパ悪し。

天神ワンコイン黒カレー【NEXT DOOR】☆5

王道のホテルカレーを彷彿させる味。驚きのコスパと空間で☆2加点、総合点☆5

西新【シブ・シャンカル】インドカレー ☆3

東京では普通のナンお代わり無料ではないのが、残念。

カレー変わり種

薬院【ラーメン仮面55】エスニックカレー麺 ☆4

ツナパハの姉妹店で、ラーメンカレー。これは不思議な美味しさ。

博多【自家製麺 杵屋】かれーうどん ☆4

懐かしのカレーうどん定食は、安くて美味しい。

順次追加していきたいと思います。

以下、よろしくお願いいたします。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!