穴場イートイン【ブレッドファクトリーパン工房】ビーフシチューパンは美味しかった

台風は今夜素通りする予定ですが、すでに影響で雨模様。こんな時でも外出好きなワイフについて、博多まで行くことにしました。

100円バスで博多行きに乗ったかと思ったら、なんと天神方面へ行くじゃないですか!バスを乗り間違えたので、そのまま天神ソラリアで下車。その周辺を見て回ることにしました。

【ブレッドファクトリーパン工房】

場所 福岡市中央区天神4-4-11 イオンショッパーズ福岡 1F

イオンの1Fにあるパン屋さんは、イートインコーナーが20席ほどあります。平日はOLさんで賑わっていますが、週末は、意外と穴場なので、好きなパンを購入してイートインコーナーへ。価格は全て税別でした。

ビーフシチューフランス200円

これは美味しそう。いただきまーす!

おおっ!この本格的なビーフシチューが乗っていて、ソフトフランスパンの生地も、硬くて美味しいですね。これで、200円税別は、お得な感じがします。ポールさんなら540円位で売りそうなものですね。もちろん、これは合格。リピート入りです。

クリームシチューフランス180円

これは、ワイフがリピートしている、バリューで美味しいと評判のものです。生地もソフトフランスパンなので、硬くて美味しい。

3種のチーズササミかつロール180円

ささみカツの中にチーズが入っていて普通に美味しかった。180円税別ならリーズナブルな価格で妥当でしょう。可もなく不可もなく、とも言えますけど(笑)

大きなブドウフランス260円

正式な名称は、わすれちゃいましたが、焼き立てが出来上がってきて、しかも大きさの割に価格もリーズナブル。そして、まだアツアツだったので、欲張りなワイフは思わず購入(笑)そして、大きくてボリューム満点。味の方も、出来立てなので、とても美味しいですね。

このお店は、電源もイートインコーナーにあるので、スマホの充電がてら、ランチだけでなく、ドリンクだけでも利用できます。ドリンク類は、セルフで、コーヒー、カフェオレ、ともに150円(税別)で楽しめますから、週末は穴場ですよ。

ワイフと私のランチデートでは、今日のイートインコーナーのように、たまに見たことの無いパン屋巡り含め、そこにイートインコーナーがあると必ず利用しちゃいます。

イートインコーナーを利用して、そのお店の気になったパンや、お菓子などを、食べられる分だけで、利用しますので、リーズナブルだし、とても楽しいですね。

さて、いろいろと天神地下街を探索したあとに、雨が段々と強くなってきたので、明日のブログネタにしようと、久しぶりにドンキーよって、激安食材をゲットしてから帰宅したのでした。

以下、応援クリックお願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

論点を変える人

話をまくしたてて、自分の主張を論点を変えてまで、言い出して引かない人ってたくさんいます。国でもお隣の国はそんなタイプですね。友人の子供部屋おじさんもたまにそんな感じです。

以前「街頭で募金をするから、募金箱を持った詐欺師が無くならない、だから俺は街頭で募金しない、募金したお金がきちんと使われているのかわからないからだ」と言われて街頭で募金したのを責められたことがありました。

さらに聞くと、別に彼が詐欺にあったわけでもなく、人生で一度も募金をしたことが無いとのこと。(私の時代、関東エリアでは小中学時代に反強制的に赤い羽根募金とかあったけど、北海道ではないのかな?)

私には、子供部屋おじさんが言っていることは、どうしても彼が募金をしないことへの自己弁護的な正当化にしか聞こえないんですよね。彼は、詐欺が無くなったら、募金するのかな? 答えは予測できますが(笑)今度聞いてみたいと思います。

しかも、彼のいう事が、どう考えても理論がおかしいと思うのです。なぜなら、善意のある募金する人を責めていることになっていますよね。それって本末転倒じゃあないでしょうか。

確かに募金の詐欺行為は、いまだに続いています。しかし、それと募金をする人を責めるのは御門違い。する人を責めるのではなく、便乗する詐欺師を責めないといけませんね。論点がすり替わってしまっています。

最近はネット募金や郵便局への振込みでの募金などたくさんの方法があるし、宝くじにも被災地への復興宝くじというのがすぐに発売されるようにもなり詐欺を避けて募金できます。

子供部屋おじさんの論点が違う例がもう一つありました。死刑についても反対論者でした。「どうして?」と聞くと、「なぜなら、えん罪がなくならないからだ」とどこかの人権擁護的なTVの弁護士と同じような意見をいうではありませんか。

これも論理がすり替わってしまっています、死刑制度の是非を聞いているのは、行った刑罰に対して極刑罰が必要か、不要かを問いているのです。

えん罪問題は、刑が確定するときに、犯してないのに罪にされた(えん罪)という司法判断の方法への是非を聞いているのでは無いのです。

彼の言う「えん罪がなくならないから、死刑は反対」というのは、TVの弁のたつ弁護士などがよく使う論法で、論点をすりかえて、さらに二つの異なる事象をあたかも一つの事象であるように、強引に結び付けて飛躍させ、凡人を洗脳する手法なのです。

それぞれ論点を分けて考えるべきだし、えん罪問題は、死刑制度の是非ではなく、司法制度を改善を訴えるべきことですよね。

募金をする人、しない人、あるいは、死刑賛成、反対については、先ほどのおじさんの例のように、論理がすり替わっている意見を言う人がたくさんいます。TVなどのメディアに登場するコメンテーターや弁護士の詭弁に洗脳されて、惑わされていませんか。

私自身は、子供部屋おじさんの話だったりニュースなどの影響で、街頭での募金行為は、詐欺かどうか見分けるのが無理なので、行わなくなりました。その代わりに確実に支援先に届くように、Yahooなどのポイントは全部募金したり、ネット振込で募金をするように変えました。募金する側もこのように気を付けていけば、確実に支援先に届くと思っています。

私自身が募金するのは、良い人に見られたいとかではなくて、私のベースである日本的価値観「困ったときはお互い様」から行っていて、さらに言えば、江戸っ子気質の「金は天下の回り物」というのもあるかもしれません。

死刑制度については、どちらかと言えば賛成です。賛成な理由は、今の日本の刑務所は税金の無駄使いだし、休みがあるとか刑務所の居心地が良すぎるからです。仮に死刑に代わる一生罪悪感を感じさせる休みなき強制労働とか、死ぬまで死刑に匹敵するハムラビ法典的な刑罰が出来るのであれば、死刑よりもそちらを支持します。

おじさんの言う、えん罪の問題はもちろん是正すべきことですが、えん罪問題と死刑の是非は論点がまったく違うことを、理解して判断すべきことです。

TVのコメンテーターは、全員が何らかのバイアスがかかっていることは、理解しておいた方が良いです。とくに食事系では、芸能人が「おいしい」と言わされていることは、有名な話ですよね。

キンコン西野君がTVでは「正直にまずい」と言えないからTVにでない。と証言してるしね。

話がとんだので、今日はここまでとします(笑)