博多ラーメン屋【杏仁荘】黒胡麻担々麺は濃厚で旨い

福岡は毎日暑い日が続いています。熱中症対策は万全を期して炎天下の一日一万歩を行っていますが、マレーシアよりは涼しいとはいえ、炎天下の徒歩は、さすがに身体に応えますね。

今日の食べ歩きは、以前に博多の周辺を探索していたときに、ランチに行列していたお店があったので、ログしておいたところに行こうと思います。

念のためにググって調べた見たら、結構、評価も高い。私の大好きな担々麺がある。ということで、早速、開店11:30とほぼ同時に初訪問してきました。

【杏仁荘】

場所 福岡市博多区博多駅南4ー17−6

開店とほぼ同時に入店したのですが、すでに半分以上は、お客さんで埋まっています。かなりの人気店なのですね。これは、期待できそうだな。おひとり様なので、カウンター席に座ります。メニューはこんな感じ。

ランチタイム限定サービスがありました。麺類は、白米かデザートサービス。定食はライス大盛りサービス。

担々麺は、二種類あって迷いましたが、まだ、福岡ではたべていない黒胡麻担々麺にしてみます。価格帯は、人気店なのか若干お高めの設定ですね。

黒胡麻担々麺850円

ランチタイムにうれしい白米サービス。私の担々麺を食する方法は、麺の後に白米いれて、担々飯にして、2度楽しむのを至福の時としているのです。

待つこと、10分弱。ライスと共にサーブされてきました。写真映えはしませんが、濃厚な黒胡麻を感じますね。楽しみです。

さて、早速、実食、いただきまーす!

おおおおおっ!チョー濃厚な黒胡麻担々スープ。これは、今まで食べた黒胡麻でトップ3に入ります。それが、まさか、博多で食べられるとは!うれしい限りですね。これは、わざわざ早めに来た甲斐がありますね。

麺は、やや細麺の固めに茹でたアルデンテという感じもとても濃厚スープと良く合います。あっという間に麺が無くなってしまいました。

残った濃厚スープだけでは、飲み干すことはできない濃厚さですが、白米を入れることによって、すべて解決!第二弾めの担々飯にしちゃいます。

ごはんを全部投入し、よく混ぜてから、少し待ちます。そして、最後に味に変化を付け加えるためにお酢を回しかけて、程よく染み込んできたようならば、早速、第二弾の実食。おおおおおっ!

感動もの。担々麺が前菜に思えて来るような、お酢の効いた別次元の担々飯の美味しさ。これは、本当に美味しかった。この杏仁荘は大満足でした。

次回は、もう一つの麻辣担々麺か、麻婆豆腐定食を試してみたいと思います。

さて、帰りも徒歩で帰らないと、一万歩は、超えませんので、炎天下の中を歩くのですが、熱中症対策も兼ねて、ゆっくりと途中途中、すべてのドラッグストアで、涼をとりました。ふとそこにあった鏡でみると、福岡アイターンしてからは、かなり日焼けしちゃった自分を発見。

実はマレーシアは、車社会なので、人が歩くようには都市道路の設計は、されていないのです。そのかわりに巨大モールがたくさんあるので、モール内をお散歩がてら歩くことはできます。

しかし、マレーシアの街中は、歩けませんから、日焼け対策も必要無いし、暑さ対策よりも冷房対策が必要なんです。モール内の冷房がキツイので、上着を持ち歩く必要があるくらいなのでした。

日本の福岡は歩けるところがたくさんあるので、炎天下を歩くことで、かなり日焼けしちゃってますね、日焼け止め対策も必要だなぁ。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!