福岡博多の選定理由

私達夫婦は、帰国先の住居として、住んだことが無いところで、アイターン先の選定としていくつか候補を絞り込みました。私個人としてもアイターンするのならば、食べ歩きグルメブログを書きたいと思っていました。

総合病院が充実

私が65歳になる年金受給時まで、まだまだ8年もあります。8年後にマレーシアに戻るにしても、私だけでなくワイフも今回の目的の一つでもある身体のメンテナンスが必要になりました。そのためには、きちんとした総合病院と歯科が必要です。

街に活気がある

50年以上住んでいた殺伐としている東京から、移住したマレーシアでは、GDP5%以上も伸びていて、ショッピングモールが続々オープンしたり、高層ビルができたり、新名所の工事だらけです。

東京では家族連れはジジババと両親に子供一人という割合が多く、老人だらけで若者が少なかった。ところが、ここクアラルンプールでは、若者が多くいますし、家族連れは平均3人以上のたくさんの子供達ばかりです。そういった光景を見てきましたので、できれば、活気があり人がある程度はいるエリアに行きたい。

ただ、今の日本で特に2番めの「街に活気がある」について満足するところは、難しいと考えています。妥協点として、人口が増えている地方から探し出しました。

物価が東京より安い

地方都市なら、不動産賃貸料が安く住みます。マレーシアで賃貸してる価格と同程度で借りることが可能と判断しています。

食費はマレーシアとは、とても比較にならないほど日本は高いのですが、自炊するならそうでもなく、地場のものが入手できる環境であれば、東京よりは安く食材を得られるのではないか、と考えています。

それから、せっかく日本にアイターンするのならば、食べ歩きグルメブログを書きたいと思っていましたので、食事も東京と違った美味しいものがたくさんあるところを選定基準にしてもいます。

絞った候補地

総務省が2018年7月に公表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(2018年1月1日現在)などの公表データから、ググってみたら、過去4年に渡り、人口増TOP50に入っているところは、11箇所とのデータがありました。

流山市(千葉県)千代田区(東京都)中央区(東京都)長久手市(愛知県)大阪市西区(大阪府)大阪市浪速区(大阪府)大阪市北区(大阪府)福岡市博多区(福岡県)福津市(福岡県)新宮町(福岡県)中城村(沖縄県)

関東圏は最初から除外、それから三大都市圏も除外しますと、わずか4箇所(少なっ)そのうちの3箇所は福岡県でした。

江戸っ子の私達夫婦からすると、沖縄は、さすがに離島すぎ。食事も独特で偏りすぎてしまっています。ワイフはウインドウショッピングができないとストレスがたまる体質なので(笑)ある程度のデパートなどがあるところが、私の精神衛生上にもベターです。

以上から候補地は、福岡県になりました。実はワイフは一度も九州に上陸したこともありません。私も20年以上も前に博多に出張で行ってくらいです。

思い出の福岡ガルーダ機事故

実は、その出張の帰りの博多空港で、搭乗直前に私の目前の滑走路の先の方で、ガールダインドネシアの飛行機が事故って国内線が全線ストップになりました。急遽、新幹線で5時間かけて東京に戻ったことを思い出しました。

今調べたら、Wikipediaに「福岡空港ガルーダ航空機離陸事故」として載っていますので以下抜粋します。

「1996年6月13日、福岡空港からインドネシア・バリ島デンパサールを経由し、同国の首都ジャカルタに向かう計画であったガルーダ・インドネシア航空865便(DC-10-30、機体記号PK-GIE、1979年製造)は、午後0時8分に滑走路16を離陸滑走中に右翼第3エンジンが故障した。機長は離陸中止を決断し実行したが、すでに機体が僅かに上昇しており、滑走路内で止まりきれずにオーバーランし滑走路端の緑地帯で擱座した。

擱座した際の衝撃で右翼のランディング・ギア(車軸)が燃料タンクを貫通したために炎上した。この事故で乗員15名・乗客260名の合わせて275名のうち乗客3名が死亡し、乗員2名・乗客16名の計18名が重傷、91名が軽傷を負った。また、救助活動や消火活動に従事していた消防士のうち53名が漏洩していたジェット燃料に長時間接触したことによる化学熱傷を負った」

あたらめて、もう23年になるのですね、事故を目の当たりにした当時を思い出しました。かなり話が脱線してしまいましたので、もとも戻しますと、

福岡 博多エリアに決定

場所の選定は、終了し、そのあたりをググって調べてみたところ、いろいろな情報が出てきました。福岡博多は江戸っ子の私が食べたことのないものがたくさんあります。

いろいろな店舗のメニュー価格も東京よりはリーズナブルに感じられます。上記の3項目もすべて網羅し、かつ二人共にワクワク感を感じられたので、このエリアにて福岡博多 食べ歩きができるとおもい、このグルメブログも始めて、住むことにしました。

そして4月の中旬に訪れて、すでにピックアップしている物件を内覧しどこかに決定し契約する予定となりましたので、博多に行くのをワクワクしています。

*冒頭の画像は、MRT線社内から撮影。マレーシアのMRT線は全線自動運転で日本よりもとても進んでいます。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!