【お食事ランド】唐人町商店街かつ丼540円 濃い目でうまし

今日は、曇り模様。風が少しあるけれど、食べ歩き探索には、心地よい天候です。

最近少し食べすぎなので、今日は、思い切って2万歩を目指して、唐人町まで遠征。そこから、総合図書館まで遠征して、自宅まで戻ると丁度2万歩辺りという計画でいってきます。

1時間弱歩くと、唐人町商店街に到着しました。お弁当屋さんとお食事やの【お食事ランド】を発見。11時過ぎと少し早いけど、オープンしていたので、早速、初訪問してみました。

【お食事ランド】

場所 

福岡市中央区中央区3 唐人町1-3-15

唐人町商店街アーケードの中ほどにあります。目立つ看板なので、すぐわかりますね。

店内の様子は、カウンター席のみですが、レトロテイスト満載で、心地よい感じ。

メニューは、いろいろとあったけど、お外のかつ丼お弁当が美味しそうだったので、店内で食べられるなら、かつ丼500円税別をオーダーしちゃいましょう。楽しみです。

メニュー

ちなみにメニューはこんな感じで、ほとんど500円以下ととてもリーズナブル。

オーダーしてから、作成に入りましたので、10分ほどでサーブされてきました。

かつ丼500円税別

中々良いではないでしょうか。これでワンコインですよ!

さて、早速、いただいてみます。それではいただきまーす!

熱っ!ウマッ! おっ!これは!かなり甘めだけど、醤油のパンチ。

これはこれは!見た目通りの味濃いめ。関東の蕎麦屋のかつ丼並みに味が濃い。そして、出汁が効いているタイプではなく、こいくち醤油と砂糖のみで味付けした昔ながらのかつ丼かな。違うのは、玉ねぎが入っていないことくらい。

これは、とても懐かしい味付け。幼少のころに良く食べた近所の蕎麦屋のかつ丼を思い出します。たしか、小学生低学年のころに初めて食べた味に近いですね。うーん、とても懐かしい。

最近の出汁が効いた上品なかつ丼は進化系で美味しいけれど、この出汁なしの昔ながらの味付けは、私は嫌いでは無いです。がっつりと食べた感を感じる濃い目の味付けは、昭和レトロの雰囲気を醸し出していますね。たまには脳が喜ぶ味付けも良いですね。

あっという間に食べ終わってしまいました。これで、税込み540円。しかも消費税10%なのになぜか据え置き価格でした。

また、近くに来たらぜひ寄りたいお店ですね。ごちそうさまでした。今日もありがとう!

以下、応援お願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

唐人町商店街アーケード

旧唐津街道の一部で、江戸時代に福岡藩、唐津藩の参勤交代に使われていた街道で、北九州小倉から福岡城下を通過し荒戸、この唐人町商店街,鳥飼八幡宮の南側を通って、西新商店街へと進み、唐津城下に至る道筋。

唐人町商店街まで遠征してきたけれど、東京近郊と違って、商店街といっても200mもないし、お店も数えるほどでしたが、シャッター通りということもなく、それなりにほとんどのお店が開店しています。

東京在住のころは、商店街というと食べ歩きには最高のロケーションで、友人たちと自転車でポタリングしながら、都内および近郊の商店街を食べ歩いてきたものです。

福岡の商店街は、まだ数か所しかいっていませんが、西新、柳橋、中州、そして唐人町商店街のどちらも端から端まで徒歩10分もかからない短い商店街が多いですね。

東京の商店街の長さに比べたら一区画程度なので、自転車でポタリングするほどの長さもないけれど、逆にお店が密集しているので、食べ歩き探索がコンパクトにまとめられそう。

この唐人町商店街アーケードだけでも、自転車を手押ししながら、お肉屋さんのコロッケ、中華やの餃子や肉まん、お総菜屋のから揚げ、焼き鳥屋の焼き鳥、などを食べ歩くとあっという間にお腹いっぱいになりそうで、楽しそう。あと有名な「乃がみ」の食パンをお土産にしたり、といろんな楽しみ方ができそうですね。

また、地元の情報によると、毎月『1日と15日はサービスデー』とのこと。パン屋さんとか、20%引きになるそうです。