福岡・天神食べ歩き【まつ永水産】平日ランチ600円

台風が九州直撃で、今日の午後から福岡に上陸予定。朝から雨模様なので、食べ歩きランチは、近場で済ませたいと思います。

ということで、三角市場にいったけれど、因幡うどん以外に行きたいお店は、火曜日はお休みでした。雨模様も少し弱くなっているので、ちょっと先まで足を延ばしました。

【まつ永水産】

場所 福岡市中央区渡辺通4ー1−20 ラシーヌ渡辺通

まつ永水産の右隣の2店舗は、すでに訪問しています。残りの1店舗であるまつ永水産に初訪問してきました。

店内に入ると、カウンター席とテーブル席があります。カウンター席に座り、平日ランチ、魚、さしみ定食の中から、と説明があり、平日ランチをチョイス。待つこと、カップヌードルの三分よりも早くサーブされてきました、びっくり。

平日ランチ600円

ネギ塩豚バラ定食600円。小鉢も付いて、アツアツのごはんとお味噌汁。これで600円なら合格ですね。

塩分濃い目のガテン系ですが、ご飯が進みます。なかなか美味しいおかずでした。

ボリュームもそこそこありました。いつもサラリーマンでいっぱいのお店でしたから、少し早めに行って正解でした。

あっという間に満席になりそうなので、早々に退店。税込み600円ならば、コンビニ弁当並みの金額なのに、アツアツごはんとお味噌汁も付いてるから、とてもお得ですね。

ところで、今日のような天候ならまだ、過ごしやすいですが、数年ぶりに日本に戻って真夏の蒸し暑さを思い出しています。私は55才でサラリーマンを指名解雇によって強制引退させられたけれど、それから、三年たち、今は良かった、と思っています。

なぜなら、50代後半でのこの日本の蒸し暑い中での勤務は、まさに命を削っている状態になっています。そこにさらに会社からの理不尽な圧力が加わってきます。

そして私の最大のストレスの元であったのは、人生において、絶対に友達になることの無い人や、不快な人とも会社という枠の中で、接する必要があり、それが、ものすごいストレスの元になっていたからです。

思い返すと、まさに、命を削っていますよね。前の会社でもあと少しで定年退職という方が、会社命令よる海外出張から戻って、翌日、休日のスポーツ中に亡くなったことも記憶残っています。

同性代の方は、あと数年で定年退職になるので、なにがなんでも会社にしがみついて定年を迎えたいと思う人がほとんどでしょう。ただ、命を削ってまで、やる必要は、ありませんよね。

私は、世の中からみたら、無職ですが、毎日、健康的に過ごしていて、適度なストレスがある程度。この生活をしている私と、定年間際にしがみついてストレスにどっぷりの同胞と、10年後、どちらが健康に過ごしているのか、いわずもがな。ですね。

以下、よろしかったらお願いします。

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ応援クリックお願いします!