【ポークソテーバルサミコソース】自宅で作る高級レストランの味 簡単レシピ

今日は日曜日、自宅でレストランのポークソテーを再現しちゃいましょう!というコーナーです。(いつからそんなコーナー始まったんだ?)

バルサミコ酢の使い道ですが、ドレッシング以外にバルサミコ酢の使い道に困って、冷蔵庫の肥やしと化していませんか?

また、はちみつも同様に冷蔵庫の肥やしと化しやすいですよね。そんな時は、余ったバルサミコ酢を使って、高級レストランの味を再現しちゃいましょう。

【ポークソテーバルサミコソース】

材料は、ポークソテー、とんかつ用の豚肉なら、米国産、カナダ産でも大丈夫。生姜焼きだと臭みが気になるカナダ産や米国産でもバルサミコ酢の効いたソースで臭みはまったく感じなくなるのです。今回は、地元サニーにてお安い米国産を購入して私自身でも試してみます。2枚入りで284円税別でした。

材料

  1. 豚肉とんかつ、ソテー用(安いのでもOKです)
  2. ガルニ材料(冷蔵庫にある野菜類)
  3. バルサミコ酢
  4. はちみつ(なければ、砂糖)
  5. 醤油

レシピ

1.豚肉を塩コショウと小麦粉少々まぶします。筋切りしてラップをかけて、目安は、1.5倍位になるまで、叩いて伸ばします。(お肉を柔らかくするのに重要)

2.バルサミコ酢、はちみつ(無ければ砂糖)醤油を1:1:1を目安に事前に混ぜておきます。(配合は目安ですので、お好みで調整ください、甘いのが好きならはちみつ増やす、とか酸味が好みならバルサミコ酢増やす、とか)

3.フライパンでお肉の両面を良く焼きます。火が通ったら、弱火で2の混ぜあわせた調味料を入れて、照りが出るまで、1-2分煮詰めていきます。

4.こんな感じに照りが出てたら、盛付けて完成です!

炊き立てご飯も器に盛って、美味しそうに出来上がり。

さて、早速、いただきまーす!

おおおおおおーっ、今回用に初めて食べた米国産の豚肉でしたが、全く臭みもなく国産豚肉との違いを全く感じませんね。完璧な高級レストランのバルサミコソースが再現されました!

バルサミコ酢の酸味、はちみつの甘さ、そして、九州ニビシ醤油の特選こいくちの塩加減とコク。これらが、ハーモニーとなって米国産の豚肉と完璧なマリアージュ状態で、高級レストランのポークソテー以上の出来上がり。(笑)

どんな味に近いかというと、焼き鳥のタレがマイルドな甘さになって酸味が効いた感じで、遠くの方で醤油の風味を感じる、といったら伝わるでしょうか!それにしても、このソースは、お肉に良く合います。豚肉じゃなくても、鶏むね肉でもOKで、本当に美味しい。ごはんがどんどん進みます。

冷蔵庫に肥やしと化しているバルサミコ酢やはちみつを有効に使えるので、ぜひお試しください、目から鱗が落ちるのごとく、高級レストランのソースが、いとも簡単に、自宅で再現でき、とても美味しいソースに仕上がりますから。

以下、応援お願いします<m(__)m>

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!

ポリシー違反でフッター広告削除

アドセンス広告の表示が再びポリシー違反に該当するとのことで制限されています。原因をいろいろと調べたのですが、自分の食べ歩きコンテンツでは、ポリシー違反(例えば差別用語とかアダルトとかビキニの画像とか)思い当たる節がほとんどありません。

それ以外の可能性を追っていくと、前に一度サイト上のアドセンス広告を自己クリックで止められたことがあったので、それ以降は自己クリックしないように慎重に行っているから、思い当たる節は無いし、その場合はポリシー違反の内容で表示されたので、今回は該当しないのです。

最後の可能性として、どうやら、hakatajapan.comサイト上のアマゾン広告と楽天広告がフッターに入れているのが、原因の可能性が出てきました。

それらは、バナーをクリックしてもゼロ円。クリックして飛んでから購入されたらやっと購入金額の1%、私にチャリンとお金が来るシステムでした。しかしhakatajapan.comサイト開設以来半年が過ぎてもゼロ円のまま(笑)広告が一番下にあるので、ほとんどクリックされないし、サイトが重くなるだけでした。

ポリシー違反の可能性が出てきて、なおかつ半年広告貼ってもゼロ円のままなので、今日から外すことにしました。

なぜ、その二つがアドセンス広告のポリシー違反の可能性があるかも。と考えたのは、次の理由からです。

それら広告はカスタマイズ用に検索がついていました。そのために広告の表示コンテンツが自由に変更されてしまいます。例えば、サイト閲覧者がこのサイトの広告をクリックしてアマゾンあるいは、楽天に飛んで、そこでポリシー違反に該当するムフフな検索をされてしまい、何も買わなくても、その閲覧者が、再びこのサイトに戻ったら、ムフフな検索結果がサイト上の広告内に表示がされてしまいます。

また、ムフフな検索と全然関係ない場合も考慮する必要がありました。例えば、水着を買いたい、とか、下着を買いたいと思って、同様に検索をすると、水着を着た画像、下着を付けた画像が表示されることがあります。そちらもアドセンスでは、ポリシー違反と判断されることもあるとのこと。とても厳しいのでした。

運営しているサイト内に意図しないコンテンツが表示されたとしても、グーグルでは、自分で作成していない他社の広告だろうと容赦なく、このサイトのコンテンツとみなされて、ポリシー違反に該当してしまうのです。それを放置したまま、何度もポリシー違反を行うと、最悪な場合は、グーグル広告のアカウントが凍結されてしまいます。

ポリシー違反を限りなくなくすためにも、アマゾン、楽天の広告を外すことで、サイト訪問者へのアクセススピードの向上が図れるし、私も運営サイトのポリシー違反を避けることができるので、WIN-WINですね。

「アドセンス広告をやめれば?」とサイト閲覧者さんの声。実はフリーのブログサービスを以前使っていたときに、うっとおしいくらいにたくさん広告が出てしまい、無料ブログサービスでは広告を減らすことができませんでした。

それに比べて個人でWEBサイトを作れば、自動広告以外の広告をすべて管理できます。その代わりにWEBサイトを運営するには、レンタルサーバー代の維持費用がかかってきます。

継続してサイトの食べ歩きコンテンツを閲覧提供するためには、許容範囲内で維持費用補てんのためにアドセンス広告が必要なのです。

今後も、サイトのコンテンツ閲覧者に役立つ情報をメインに、このhakatajapan.com (福岡博多食べ歩きサイト) のコンテンツを順次充実させていきますので、本サイトへの継続訪問をよろしくお願いします<m(__)m>

また、毎日更新していますが、コンテンツが変わらない場合は、ブラウザのキャッシュに残っている場合があるので、リロードしてみてくださいませ。