定年を迎える方へ65歳の年金受給までにすること

肩たたきにあって早期退職を余儀なくされて、アーリーリタイヤ状態私も4年が過ぎて、同世代もあと数年で60歳定年を迎えます。

私のマレーシアへ外こもり生活から福岡アイターンに至る今までは、決して余裕があるわけでないけど、年金受給時までのベーシックインカムは確保していたので、なんとか暮らせています。

ただ、問題なのは、想定外の出費が毎年なんらかの理由で発生していることです。そのためにその分の補てんはしないといけないので、フリーランスで少しは稼いでいますが、補てんされるまでに至っていないのが実情ですが(笑)

そんなアーリーリタイア状態の私に、同世代から、様々なルートで相談を受けたりしたのを少しまとめてみました。

絶対にすること

65歳年期受給時までの生活費総額を知る

例をあげてみましょう、例えば、最低限生活費用として、60歳で無職になったら、年金受給65歳まで5年。

独身なら毎月20万で生活可能 240万x5年分=1200万

妻帯者なら毎月30万で生活 年間360万x5年分=1800万

予備費(冠婚葬祭費、医療費など)毎年50万x5=250万

福岡なら、妻帯者でも月20万あれば、暮らせますが、東京エリアならこの金額では独身者でないと難しいですね、おそらく。

とにかく、60歳で辞めて5年間働かないなら、予備費入れると最低でも1450万以上の預貯金が必要なのです。

ですので、現金に余裕のない相談者に対しては(自分で事業するなどのインカム予定がない限り)65歳までの再就職を勧めています。

趣味の見直し

日本ではお金のかかる趣味がたくさんあるんですね。思いつくまま列記しても、車、スポーツクラブ、旅行(登山)、ゴルフ、釣り、ダイビング、スキー(スノボー)楽器演奏、とまあ、いくらでも思いつきます。

外資企業が長かった私には、とても考えられないことですが、日本のサラリーマン村社会では、会社の人と趣味までつるんでいますね。

でも定年後もその人間関係は続くのか、また、実際にもらえる年金額は、思っていた以上にこれから少なくなりそうですので、その年金で、今のままの趣味を続けられるのか、十分に考慮すべきだと回答しています。

お金のかからない趣味も意外とありますよね。例えば、読書(図書館)、料理(自炊)、マラソン、散歩、サイクリング、家庭菜園。

この中でも私が実際に行っているおすすめは、二つあります。

おすすめ1.サイクリング

最初はもちろんサイクリング。初期コスト(自転車)はかかるけど、行動範囲も広がるし、体型もシャープになり、血圧、血糖値、コレステロール値などもすべて改善していきます。なによりも健康に有益ですし、ストレス発散だけでなく、特にアンチエイジングには最高だと思っています。

おすすめ2.読書

そして次は読書。サイクリングは天候に左右されてしまいます。雨や雪などで乗れないときの趣味として、図書館を利用した読書をお勧めします。

仮に想定した現金に余裕があっても、実際の生活レベルが落とせない人は、まずは趣味の見直しをするだけで、劇的にお金がかからなくなります。

とくに趣味が、旅行、ゴルフ、釣り、ダイビングならば、どれも金食い虫なので、無職になるなら、趣味を諦めるつもりで、行動すべきと回答しています。

海外移住は安く無い

また、海外移住なら安いのでは?との質問も受けますが、実際にマレーシアなら安いと日本では昔から言われていましたが、実際にマレーシアに3年住んでみたけど、全然、贅沢もしていないのに思っていたよりも、かなりお金はかかります。

私たち夫婦の生活スタイルの場合は、マレーシアよりもアイターンした福岡の方が総合的に見ても安いと思っています。

まとめ

実は、私も外資系勤めだったので、世の中の平均の数倍も納税しても余裕があったので、ゴルフ(平均30ラウンド以上)、ダイビング(累計300本以上)、車(リミッター無し)、とかなりお金のかかる趣味をしていて、もらったら使うという生活レベルは落とせませんでした。

ところが厄年に想定外での出来事が起こりまして、人生を見直すべく今までの生き方をすべて否定し全部やめました。そしてその時の心のよりどころとなったのが、ロードバイクでした。その時に購入したアルミフレーム+ULTIGRAで、センチェリーライド大会に出て160㎞を完走したのをきっかけに、その後マレーシア移住で一度は断念したりと紆余曲折はありましたが、福岡アイターンし、再びCANYON Endurace CF7.0を購入して現在に至っています。

たまたま再開したロードバイクが、実は、初期コストは高くてもランニングコストが安い趣味なのでした。車ではいけない道だったり、徒歩では遠すぎる場所へもロードバイクなら難なく行けるのです。行動範囲も広がるし、今まで気づかなかった風景や風、気温など五感をフルに使って体感できるので、最高に楽しいですね。

前置きが長くなってしまいましたが、まとめると、

  • 現状分析-いくらかかるか計算する
  • 支出の見直し
  • お金のかからない趣味を見つける。おすすめは、サイクリング、読書。
  • 生活レベルを見直し、東京在住なら低コスト生活できる田舎へ移住。

それぞれご自身で当てはめてみて、人生100年時代の復路を乗り切りましょう。

以下、応援よろしくお願いします<m(__)m

応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ応援お願いします!